m3.comで3000円ゲットしよう!
血液、抗血小板・抗凝固薬

バイアスピリン、バファリンとイブプロフェンの併用は注意!抗血小板作用が弱くなるかも!

イブプロフェンとアスピリンの併用は注意

イブプロフェン(ブルフェン®)と低用量アスピリン(バイアスピリン®100mg、バファリン®配合錠A81)を併用すると、アスピリンの抗血小板作用が低下する可能性があるため注意が必要である。

これは、イブプロフェンが血小板のCOX-1とアスピリンとの結合を阻害するからと考えられている。

以下の報告がある。

イブプロフェンを服用し、2時間後にアスピリンを服用
→アスピリンの抗血小板作用が低下

アスピリンを服用し、2時間後にイブプロフェンを服用
→アスピリンの抗血小板作用に影響なし

参考:処方箋チェック虎の巻

両方が処方された場合は、先にアスピリンを服用し、2時間以上たってからイブプロフェンを服用すれば問題ないだろう。

なお、アセトアミノフェンはアスピリンの抗血小板作用に影響がないとされている。

ちなみに、アスピリンが81〜100mgじゃないと抗血小板作用がないと思っている方もいるかもしれないが、実際には300〜324mgでも効果がある

バイアスピリン®100mgとバファリン®配合錠A81の添付文書には以下の記載がある。

バイアスピリン®100mg:症状により1回300mgまで増量できる。

バファリン®配合錠A81:症状により1回4錠(アスピリンとして324mg)まで増量できる。

増量した場合については、以下の海外の報告がある。
→アスピリン1日81 mgとアスピリン1日325 mgとでは、心血管イベントや大出血に有意な差は認められなかった(N Engl J Med. 2021 May 15. doi: 10.1056/NEJMoa2102137. )。

 

おまけ:バイアスピリン®を噛んで服用する場合とは

バイアスピリン®は腸溶錠のため、割ったり、砕いたり、すりつぶしたりしないで、そのまま噛まずに服用する必要がある。

しかし、例外がある。

それは、「急性心筋梗塞ならびに脳梗塞急性期の初期治療に用いる場合」である。
この時は抗血小板作用の発現を急ぐ必要があり、初回投与時には本剤をすりつぶしたり、噛み砕いて服用すること、となっている。

実習生や新人薬剤師に、添付文書をよく読むことの大切さを伝えるのに、この話は使えるのでは?

あわせて読みたい
白色血栓と赤色血栓に対する、抗血小板薬と抗凝固薬の使い方抗血栓薬は抗血小板薬と抗凝固薬の2種類に大別でき、ターゲットにする血栓(白色血栓、赤色血栓)の種類によって使い分けます。 止血...
あわせて読みたい
プラビックス、エフィエント、ブリリンタの比較、違い、特徴クロピドグレル(プラビックス®)、プラスグレル(エフィエント®)、チカグレロル(ブリリンタ®)は、活性代謝物への代謝過程、CYP2C19...
最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学