転職をお考えの薬剤師さんへ。
血液、抗血小板・抗凝固薬

プラビックス、エフィエント、ブリリンタの比較、違い、特徴

クロピドグレル、プラスグレル、チカグレロルは、活性代謝物への代謝過程、CYP2C19の影響受けやすさ、作用点のADP受容体(P2Y12受容体)への結合などに違いがあります

活性代謝物への代謝過程
クロピドグレル(商品名プラビックス)はCYPで2回代謝されることで活性代謝物になります。

一方、プラスグレル(商品名エフィエント)は最初にエステラーゼにより代謝され、その後でCYPにより代謝されて活性代謝物となります。

エステラーゼはCYPより代謝スピードが速いため、クロピドグレルよりもプラスグレルの方が活性代謝物の産生効率が高く、そして効果発現が早いです。

このようにクロピドグレルとプラスグレルはプロドラッグなのに対し、チカグレロル(商品名ブリリンタ)はそれ自体が活性を持っているため代謝活性化を必要とせず、内服後速やかに抗血小板作用の効果を発現します
その反面、作用の持続時間が短いため、チカグレロルは1日2回の服用が必要です。

ちなみに、クロピドグレルとプラスグレルは1日1回の服用です。

●クロピドグレルとプラスグレルはプロドラッグ。
●効果の早さはプラスグレル>クロピドグレル。
●チカグレロルはそれ自体が活性を持つため効果が早い。

 

CYP2C19の影響受けやすさ
クロピドグレルは主にCYP2C19により活性代謝物に代謝されて効果がでます。

このCYP2C19には遺伝子多型が存在し、日本人の約15%はCYP2C19活性が著しく低下しているpoor metabolizer(PM)と言われています。
そのため、日本人の15%の人はクロピドグレルの効果が不十分となる可能性があります。

クロピドグレルの効果には個人差がある一方で、プラスグレルとチカグレロルはCYP2C19の代謝をほとんど受けないため、個人差が生じにくいという特徴があります。

●クロピドグレルの効果には個人差がある。
●プラスグレルとチカグレロルの効果には個人差が少ない。

 

ADP受容体(P2Y12受容体)への結合
クロピドグレル、プラスグレル、チガグレロルは血小板のADP受容体(P2Y12受容体)に結合して血小板凝集作用を阻害します。

このうちクロピドグレル、プラスグレルは「不可逆的に結合」をするのに対し、チカグレロルは「可逆的な結合」をします。

このため、チカグレロルは他の2剤よりも投与中止後による作用の消失(=血小板機能の回復)が早いです。

手術前の休薬期間の目安

クロピドグレル 14日以上
プラスグレル 14日以上
チカグレロル 5日以上

 

チカグレロルの作用の消失は、他の2剤より早い。


食事の影響
クロピドグレルは、国内第I相臨床試験において絶食投与時に消化器症状がみられたので、空腹時の投与は避けることが望ましいとされています。

プラスグレルを空腹時に服用すると、食後と比較して、活性代謝物のCmaxが約3.3倍に増加しました(ただし、AUCに顕著な差はなし)。
そのため、空腹時の服用は避けることが望ましいとなっています。

チカグレロルは食事による大きな影響はなく、服用タイミングの指定はありません。

●クロピドグレルとプラスグレルは食後服用が推奨。
●チカグレロルは食前・食後どちらでもOK

共通点
経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患に使用する場合は、3剤とも低用量アスピリンと併用します。詳細は添付文書で確認をしてください。

 

適応の違い
3剤とも心臓領域の適応がありますが、2018年11月時点では、クロピドグレルのみが「虚血性血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制」と「末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制」にも適応があります。

●クロピドグレル:心臓、脳、末梢(足など)の領域に適応あり。
●プラスグレルとチカグレロル:心臓領域のみに適応。

 

参考:
各種添付文書
福岡県薬剤師会 質疑応答

関連情報
●腎機能低下時の抗凝固薬の使い方:ワーファリンとDOAC(プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ)
●白色血栓と赤色血栓に対する、抗血小板薬と抗凝固薬の使い方

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ