m3.comで3000円ゲットする方法!
心臓

心不全の超・基本情報と薬の使い方。新薬についても覚えよう。

心不全

心不全の定義
「なんらかの心臓機能障害、すなわち、心臓に器質的および/あるいは機能的異常が生じて心ポンプ機能の代償機転が破綻した結果、呼吸困難・倦怠感や浮腫が出現し、それに伴い運動耐容能が低下する臨床症候群」。

参考:急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)

 

心不全の種類
以前は急性心不全と慢性心不全で分けていたが、今は左室駆出率(LVEF)で分類する。

☆心不全の多くの症例においては、左室機能障害が関与していることが多い。
明らかな症状や兆候が出る以前からの早期治療介入の有用性が確認されている現在では、急性・慢性の分類の重要性は薄れている。

●LVEFの低下した心不全(HFrEF):40%未満……収縮不全が主体
●LVEFの保たれた心不全(HFpEF):50%以上……拡張不全が主体
●LVEFが軽度低下した心不全:40%以上、50%未満
●LVEFが改善した心不全:40%以上

 

心不全では
ポンプ機能に異常
→心拍出量低下
→代償としてRAA系と交感神経が亢進
→心肥大・線維化(心臓リモデリング)
→心不全悪化
という悪循環がある。

 

心不全治療薬
うっ血症状(労作時呼吸困難、浮腫)を改善する薬
●ループ利尿薬:フロセミド(ラシックス®)、アゾセミド(ダイアート®)など
●V2受容体拮抗薬:トルバプタン(サムスカ®)


心不全の進行を防ぐ薬
●ACE阻害薬:エナラプリル(レニベース®)など
●ARB:カンデサルタン(ブロプレス®)
●β遮断薬:ビソプロロール(メインテート®)、カルベジロール(アーチスト®)など
●ミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬:スピロノラクトン(アルダクトン®)、エプレレノン(セララ®)

ただし、予後改善のための治療が確立している病態はLVEFの低下した心不全(HFrEF)で、LVEFの保たれた心不全(HFpEF)ではACE阻害薬、ARB、β遮断薬、MR拮抗薬のいずれも明らかなエビデンスはない。

 

心不全の新しい薬
●イバブラジン(コララン®)
●サクビトリルバルサルタンナトリウム(エンレスト®)
●ダパグリフロジン(フォシーガ®)

 

心不全の薬は併用して使用
「ループ利尿薬」 + 「ACE阻害薬 or ARB」 + 「β遮断薬」 + 「MR拮抗薬」
という処方はよくある。

コララン®、エンレスト®、フォシーガ®なども使用できるようになり、心不全の治療がどのように変わっていくのか、今後注目だ。


各薬剤のワンポイントアドバイス
●フロセミド、アゾゼミドの利尿効果はともに1時間以内に現れるが、作用持続時間はフロセミドが約6時間、アゾセミドが約12時間。
急性増悪時にフロセミド、慢性心不全ではアゾセミド、という使われ方もするようだ。
慢性心不全の死亡率の低下はフロセミドよりもアゾセミドの方が優れていたという報告がある( 2017 Oct 1;244:242-244.)。

 

●トルバプタンは、ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全に対しても効果がある。電解質の排泄をせず、水だけを排泄する
ナトリウム排泄を増加させないことから、他の利尿薬(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬、抗アルドステロン薬等)と併用して使用する。

 

エナラプリルは、
〇重度のうっ血性心不全患者の症状を改善し、また死亡率を低下させる(N Engl J Med 1987; 316:1429-1435)。

〇慢性うっ血性心不全患者の死亡率および入院率を低下させる(N Engl J Med 1991; 325:293-302)。

〇無症候性の左心室機能不全の患者の心不全の発生率を低下(N Engl J Med 1992; 327:685-691)し、生命予後を改善する(Lancet. 2003 May 31;361(9372):1843-8.)。

あわせて読みたい
レニベースとタナトリルの違い。ACE阻害薬の基本情報と特徴。ACE阻害薬の基本情報 ●体内には、血圧上昇に関わるアンジオテンシンⅡという物質があります。 これは、アンジオテンシン変換酵素(AC...

 

●β遮断薬:
心不全を悪化させることもあるので、低用量から慎重に開始する。

カルベジロール(アーチスト®)とビソプロロール(メインテート®)はともに、
慢性心不全に対して、生存期間を延ばす効果があるという報告がある(N Engl J Med. 1996 May 23;334(21):1349-55.)( Lancet. 1999 Jan 2;353(9146):9-13)。

なお、気管支喘息のある人にはカルベジロールは使用できず、ビソプロロールは慎重に投与すれば使用可能。

 

●MR拮抗薬:
ACE阻害薬では完全に抑制できない、RAA系下流のアルドステロンの作用を阻害する。

スピロノラクトン:重症心不全に対して死亡率を30%減少させた(N Eng J Med 1999; 341: 709-717.)。

エプレレノン:急性心筋梗塞後に左心機能不全および心不全を合併した患者の死亡率を減少させた(N Engl J Med 2003; 348:1309-1321)。

あわせて読みたい
ラシックス、フルイトラン、アルダクトン、セララ、ミネブロの違い、特徴。利尿薬の基本情報と特徴。利尿薬の基本情報 ●腎臓は血液をろ過して、体にたまった老廃物や塩分、水分などを尿として体の外に出す働きをしています。これにより体の水分...

 


●イバブラジン(コララン®):
新規作用機序の慢性心不全治療薬。
HCN(過分極活性化環状ヌクレオチド依存性)チャネル遮断薬。
血圧に影響せず心拍数だけを低下させる。
β遮断薬の最大忍容量が投与されても安静時心拍数が75回/分以上の患者に投与する。

 

●サクビトリルバルサルタンナトリウム(エンレスト®):
ARBとネプライシリン阻害薬を含む、新規の慢性心不全治療薬。
左室駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者を対象にした海外第III相PARADIGM-HF試験において、エナラプリルと比較し、心血管死および心不全による入院からなる複合エンドポイントのリスクを有意に20%減少させた。

あわせて読みたい
エンレストの作用機序、特徴、注意点。新しい心不全治療薬について解説。サクビトリルバルサルタン(商品名エンレスト)はどんな薬? ガイドラインで推奨される治療を行っても、心不全の死亡率や入院率は高く、新...

 

●SGLT2阻害薬:ダパグリフロジン(フォシーガ®):
もともとは糖尿病治療薬だが、「左室駆出率の低下した慢性心不全」の適応が追加(2020年11月)。

あわせて読みたい
SGLT2阻害薬は心不全に有効か?エビデンスで紹介、EMPA-REG OUTCOME試験、DECLARE試験とは?SGLT2阻害薬のエビデンス:血糖降下作用以外の効果とは? エンパグリフロジン(ジャディアンス®) ●心血管死亡が減少 ●心不...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学