m3.comで3000円ゲットする方法!
血圧の薬、高血圧

アムロジピン(ノルバスク)1日2回投与っていいんですか?

アムロジピンの保険適応は1日1回なので、1日2回の処方には疑義照会が必要。ただし、1日1回服用の薬をあえて1日2回服用にすることで安定した血圧コントロールができる場合もある。

例えば早朝高血圧。

早朝高血圧は
①夜間の血圧上昇が朝方まで持続するタイプ
②朝方に血圧が急上昇するタイプ
の2つがある。

早朝高血圧は心血管イベントの発症の危険因子と考えられており、アムロジピン1日1回(朝食後)の服用で朝方の血圧が高い場合は、1日2回(朝食後・寝る前)にすることで安定した降圧効果が得られることがある。

なお、飲酒の習慣があるとアルコールの昇圧作用により早朝の血圧が上昇しやすくなることがあるため、飲酒歴を確認しておくことは大事である。

もちろん、無理にアムロジピンを1日2回にしなくとも他剤の追加を検討してもよい。

<参考までに>
アムロジピンと同じく長時間作用型のCa拮抗薬のアダラート®CRは通常1日1回だが、1日40mgで効果不十分な場合には1回40mg、1日2回まで増量できる。

 

あわせて読みたい
ノルバスク、アダラート、アテレック、ヘルベッサーの違い、特徴。カルシウム拮抗薬の特徴とは。 https://kusuri-company.com/2018/09/06/calcium-blocker/ ...
最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学