m3.comで3000円ゲットしよう!
腎臓・腎機能低下・尿酸

腎機能低下時の血圧の薬の使い方:通常量が使用可能なものと、減量が必要なもの

腎機能低下時・透析時に通常量が使用可能な薬

Ca拮抗薬

アムロジピン(商品名ノルバスク)
ニフェジピン(商品名アダラート)
アゼルニジピン(商品名カルブロック)
ベニジピン(商品名コニール)
シルニジピン(商品名アテレック)
エホニジピン(商品名ランデル)
ジルチアゼム(商品名ヘルベッサー)

αβ遮断薬

カルベジロール(商品名アーチスト)
アロチノロール

α遮断薬

ドキサゾシン(商品名カルデナリン)
プラゾシン(商品名ミニプレス)

β遮断薬

メトプロロール(商品名セロケン)

腎機能低下時、透析時に減量が必要な薬

β遮断薬

ビソプロロール(商品名メインテート)
 CCr>10ml/分:減量は必要なし
 CCr<10ml/分もしくは透析患者:1日1回2.5mg

アテノロール(商品名テノーミン)
10≦CCr≦50ml/分:1日1回25mg
CCr<10ml/分:1回25mg、週3回
透析患者:1回25mg、週3回透析後

保存期腎不全、透析時に減量は必要ないが少量から開始する薬

ARB

ロサルタン(商品名ニューロタン)
カンデサルタン(商品名ブロプレス)
バルサルタン(商品名ディオバン)
テルミサルタン(商品名ミカルディス)
オルメサルタン(商品名オルメテック)
イルベサルタン(商品名イルベタン、アバプロ)

保存期腎不全患者:減量は必要ないが少量から開始。投与して、血清クレアチニン値が30%以上上昇するときは減量もしくは中止をする。
血清クレアチニン値が高いとき(*)は投与量などを減らすなど、慎重に投与。
*ニューロタンは 2.5mg/dL以上、バルサルタン・テルミサルタン・オルメサルタン3.0mg/dL以上と添付文書に記載あり。

透析患者:減量は必要ないが少量から開始。

参考:
各種添付文書
透析患者への投薬ガイドブック 改訂2版
腎機能別薬剤使用マニュアル 改訂3版

注意!本稿はあくまでも一例であって、絶対的なものではありません。個々の症例によって投与量には注意が必要です。また、すべての情報を網羅していませんので、詳細は各自でお調べください

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学