m3.comで3000円ゲットしよう!
呼吸器

吸入メプチンとサルタノール、発作時に使用するときの間隔は?

メプチン®エアーもサルタノール®インヘラーも、喘息発作に対する対症療法剤であるので、本剤の使用は発作発現時に限る

メプチンエアー10μg吸入100回(1本で100回噴霧可能)

<用法・用量>
通常、成人1回20μg(2吸入)、小児1回10μg(1吸入)を吸入。
年齢、症状により適宜増減。
1日4回(原則として成人8吸入、小児4吸入)まで使用可能。

<喘息発作時の吸入間隔>
ガイドラインには以下のような記載がある。

成人:
まず1回分を吸入し、効果が不十分であれば最初の1時間は20分おきに吸入を繰り返す(1時間に3回吸入可能)。以後は 1時間に1回を目安に吸入。

小児:
医療機関から事前に説明されている方法に従って1回分を吸入し、15 分後に効果を判定。
効果が不十分な場合は、1~2 時間後に吸入を追加
2回目の吸入後も呼吸困難が残存している場合は、医療機関を受診。  
効果不良で症状が改善されない場合は、直ちに医療機関を受診。
受診に時間を要する場合は、20分~1時間後に再度吸入可能。

参考:メプチン吸入剤 正しくお使いいただくためのQ&A

 

サルタノール®インヘラー100μg(1本で200回噴霧可能)

<用法・用量>
通常、成人1回2吸入、小児1回1吸入。年齢、症状により適宜増減。
1日4回(原則として、成人8吸入、小児4吸入)まで使用可能。


<喘息発作時の吸入間隔>
通常、3時間以上効果が持続するので、その間は次の吸入を行わないこと。
もし効果が3時間持続しない場合には、医師に相談するよう指示し、過度に使用しないよう指導する(サルタノール®のIFより)。

 

注意!!
発作の状態によって対応が異なることがあるので、医師の指示がある場合はその指示に従うこと!

 

 

両薬剤の共通点

●両薬剤とも使用時はよく振ってから使用(有効成分の分散を均一にするため)。
●使用後は、うがい・口腔内をゆすぐことが望ましい(口腔内に付着した薬剤を、唾液と一緒に飲み込むことにより、動悸や振戦のような全身性の副作用が発現するおそれがあるため)。
●噴霧と吸入を同調できる、4~5 歳から吸入が可能と考えられる。
●1日4回まで使用可能。

 

あわせて読みたい
β2刺激薬の効果発現時間・持続時間~メプチン、アドエア、シムビコート、オンブレス、レルベアなど~ プロカテロール塩酸塩水和物(メプチン®エアー) 作用発現時間は 5分以内、作用持続時間は約6時間。 サルブタモール硫...
最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学