m3.comで3000円ゲットする方法!
呼吸器

SMART療法とは?シムビコート以外の吸入薬でも行えますか?

SMART療法

SMART療法とは、1つの吸入薬のみで、喘息の長期管理薬(コントローラー)+喘息の発作治療薬(リリーバー)として用いる治療法のこと。

以前はSymbicort maintenance and reliever therapyの略だったが、
今は、single inhaler maintenance and reliever therapyの略とされている。

SMART療法はICS/LABA配合薬の中で唯一、シムビコート®だけに認められている。

ICS: inhaled corticosteroid(吸入ステロイド)
LABA:Long Acting Beta2-Agonist(長時間作用型β2刺激薬)

つまり、シムビコート®を維持療法で使用していても発作が出た場合は、同薬剤を発作時にも頓用吸入をしてもよいということだ。

SMART療法を可能としているのが、シムビコート®に含まれる、β2刺激薬であるホルモテロール

このホルモテロールには3つの特徴がある。

特徴1.SABA(短時間作用性β2刺激薬)と同じく吸入後約5分で効果が出る。
特徴2.作用時間は12時間程度続く。
特徴3.用量反応性がある(使った分だけ、より気管支を拡張する)。

これらの特徴により、コントローラー+リリーバーとして使用ができる。

通常、喘息患者はコントローラーとリリーバーの両方を携帯する必要があるが(例:レルベア®+メプチン®エアー)、シムビコートはこれ1つでコントローラーとリリーバーの2つの役割を果たすことができ、患者には大きなメリットとなる。

しかし、SMART療法にはデメリットもある。
喘息患者のSMART療法に対する理解度によっては、医師の指示に関係なく自由に調節して使用していいと判断され、不必要な頓用吸入をされるケースがある点だ。また、1日の最大使用量を超えてしまうことも考えられる。

そのため、SMART療法を実施するのであれば、患者教育は必須である。

なお、SMART療法を指示されていない患者には、発作時に使用してもいいですよとは言ってはいけない。

 

アドエア®、レルベア®でSMART療法はできるか?

結論からいくと、ICS/LABA配合薬であってもアドエア®、レルベア®ではSMART療法はできない。

その理由は、含有されるβ2刺激薬の特徴による。

アドエア®…β2刺激薬のサルメテロールは効果発現が遅く、用量反応性がない。
レルベア®…β2刺激薬のビランテロールは効果発現は早いが、用量反応性がない。

このように、ホルモテロールと異なり効果発現が遅かったり、用量反応性がないものはSMART療法には適さない。

なお、フルティフォーム®はホルモテロール+ステロイドであるためSMART療法ができそうだが、してはいけない(ことになっている)。
これは単純にそのような適応を申請していないためだと思われる。

 

シムビコート®の適応

シムビコート®には喘息とCOPDの適応がある。COPDにはSMART療法はできない。

〈気管支喘息〉
通常、成人には、維持療法として1回1吸入(ブデソニドとして160µg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として4.5µg)を1日2回吸入投与する。
なお、症状に応じて増減するが、維持療法としての1日の最高量は1回4吸入1日2回(合計8吸入:ブデソニドとして1280µg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として36µg)までとする。

以下、SMART療法に関する記載
維持療法として1回1吸入あるいは2吸入を1日2回投与している患者は、発作発現時に本剤の頓用吸入を追加で行うことができる。

本剤を維持療法に加えて頓用吸入する場合は、発作発現時に1吸入する。数分経過しても発作が持続する場合には、さらに追加で1吸入する。必要に応じてこれを繰り返すが、1回の発作発現につき、最大6吸入までとする。

維持療法と頓用吸入を合計した本剤の1日の最高量は、通常8吸入までとするが、一時的に1日合計12吸入(ブデソニドとして1920µg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として54µg)まで増量可能である。

 

 

〈慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解〉
通常、成人には、1回2吸入(ブデソニドとして320µg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として9µg)を1日2回吸入投与する。

 

参考:各種添付文書

最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学