m3.comで3000円ゲットする方法!
糖尿病

イメグリミン:新機序の糖尿病治療薬。特徴は?

2020年7月、2型糖尿病を適応としてイメグリミン塩酸塩の製造販売が承認申請された。

現在、糖尿病治療薬には9種類ある。
●インスリンを補充
 インスリン製剤

●インスリン分泌を促進
 SU剤、グリニド系薬、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬

●インスリン分泌を促進しない
 α‐GI薬、ビグアナイド系薬、チアゾリジン誘導体薬、SGLT2阻害薬

 

イメグリミンとは?

イメグリミンの主たる作用点はミトコンドリアの呼吸鎖で、ミトコンドリアの機能を改善するという新規メカニズムを有する。

3つの器官(膵臓・筋肉・肝臓)に作用し、3つの作用があると考えられている。
①グルコース濃度依存的なインスリン分泌を刺激
②インスリン抵抗性を改善
③糖新生を抑制

「1つの成分」で、「インスリン分泌促進」と「インスリン抵抗性を改善」する作用を有する薬剤はこれまでになかった(注)。

注:ソニアス®配合錠は、1錠中にピオグリタゾンとグリメピリドが配合されている。

イメグリミンはテトラヒドロトリアジン系化合物に分類される新規化学物質で、その構造はメトホルミンと類似している。

糖尿病治療薬において、本剤がどのような位置づけになるのか注目です。

参考:大日本住友news release

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学