転職をお考えの薬剤師さんへ。
未分類

1000倍ボスミン、3000倍ボスミン、20万倍ボスミンとは?

耳鼻科の処方で3000倍ボスミンの調整が必要になり、〇倍ボスミンの調整方法について調べてみました。

ボスミンの希釈の呼称と考え方

ボスミンは、成分であるアドレナリンに対する希釈倍数に応じて1000倍ボスミン、3000倍ボスミンなどと呼ばれることがあります。

アドレナリン1gが
1000mlの水に溶解⇒1000倍ボスミン
3000mlの水に溶解⇒3000倍ボスミン
200000mlの水に溶解⇒20万倍ボスミン
と呼ぶようです。

さて、ボスミン注1mg、ボスミン外用液0.1%はともに1ml中に1mgのアドレナリンを含んでいます。

つまり、アドレナリン1gが1000mlの水に溶解しているということです。

このことから、ボスミン注1mg、ボスミン外用液0.1%は初めから1000倍ボスミンであることがわかります。

1000倍ボスミン=ボスミン注1mg、ボスミン外用液0.1%を1000倍に薄めるということではないということに注意が必要です。

3000倍ボスミンの調整方法
例)3000倍ボスミンを60ml作りたいとき

ボスミン液はそれ自体が1000倍ボスミンなので、これを3倍に薄めると3000倍ボスミンになります。

よって、ボスミン液20ml+水40ml3000倍ボスミンが60ml調整できます。

医療事故を招く呼び方
〇倍ボスミンという呼び方は、医療スタッフ間において必ずしも共通認識とはなっていないことがあります。このためアドレナリンの濃度間違いによる医療事故が起きたことがあります。紛らわしい呼び方をいつまでも使用するのではなく、「%」で表記したり、「ボスミン液1に対して水を2加え、全体として3倍に薄める」など間違えが起こりにくい伝え方をする必要があると思われます。

 

参考:
三重大学 臨床麻酔学講座
医療事故情報収集等事業 第33 回報告書
医療安全情報 アドレナリンの濃度間違い

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ