m3.comで3000円ゲットしよう!
未分類

1000倍ボスミン、3000倍ボスミン、20万倍ボスミンとは?

耳鼻科の処方で3000倍ボスミンの調整が必要になり、〇倍ボスミンの調整方法について調べてみました。

ボスミンの希釈の呼称と考え方

ボスミンは、成分であるアドレナリンに対する希釈倍数に応じて1000倍ボスミン、3000倍ボスミンなどと呼ばれることがあります。

アドレナリン1gが
1000mlの水に溶解⇒1000倍ボスミン
3000mlの水に溶解⇒3000倍ボスミン
200000mlの水に溶解⇒20万倍ボスミン
と呼ぶようです。

さて、ボスミン注1mg、ボスミン外用液0.1%はともに1ml中に1mgのアドレナリンを含んでいます。

つまり、アドレナリン1gが1000mlの水に溶解しているということです。

このことから、ボスミン注1mg、ボスミン外用液0.1%は初めから1000倍ボスミンであることがわかります。

1000倍ボスミン=ボスミン注1mg、ボスミン外用液0.1%を1000倍に薄めるということではないということに注意が必要です。

3000倍ボスミンの調整方法
例)3000倍ボスミンを60ml作りたいとき

ボスミン液はそれ自体が1000倍ボスミンなので、これを3倍に薄めると3000倍ボスミンになります。

よって、ボスミン液20ml+水40ml3000倍ボスミンが60ml調整できます。

医療事故を招く呼び方
〇倍ボスミンという呼び方は、医療スタッフ間において必ずしも共通認識とはなっていないことがあります。このためアドレナリンの濃度間違いによる医療事故が起きたことがあります。紛らわしい呼び方をいつまでも使用するのではなく、「%」で表記したり、「ボスミン液1に対して水を2加え、全体として3倍に薄める」など間違えが起こりにくい伝え方をする必要があると思われます。

 

参考:
三重大学 臨床麻酔学講座
医療事故情報収集等事業 第33 回報告書
医療安全情報 アドレナリンの濃度間違い

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学