転職をお考えの薬剤師さんへ。
腸疾患、排便

アミティーザは食後、リンゼスとグーフィスは食前。服用タイミングの理由、教えます!

ルビプロストン(商品名アミティーザ)

1回24μgを1日2回、朝・夕「食後」に服用しますが、症状により「適宜減量」します。

空腹時に服用すると、悪心(吐き気、むかむか)が出やすくなるため、食前や空腹時は避け、食後に服用します。

1日1回服用時は、食事量が多いとされる夕食後の方が吐き気を抑えることを期待できると考えられます。

 

リナクロチド(商品名リンゼス)

0.5mg(症状により0.25mgに減量)を1日1回、食前に服用します。

食後に服用すると、食前投与した時に比べて、反復服用による薬力学的な変化(便形状スコア、排便頻度及びいきみの重症度スコアの変化)が大きく、下痢(軟便を含む)の発現率が高いことが示されているため、食前に服用します(IF参考)。

 

エロビキシバット(商品名グーフィス)

通常、1日1回10mgを食前に服用します。症状により適宜増減しますが、最高用量は1日15mgです。

食前服用の理由は、胆汁酸が食事刺激により放出されることに関係します。

胆汁酸トランスポーター阻害剤であるエロビキシバットが効果的に作用するには、胆汁酸が放出される前、つまり食前に服用しておく必要があるため、食前服用に設定されています。

 

<関連記事>
●酸化マグネシウム、プルゼニド、アミティーザ、リンゼス、グーフィス、スインプロイクの違い、比較 

下剤の作用発現時間:酸化マグネシウム、プルゼニド、アローゼン、アミティーザ、リンゼス、グーフィス、テレミンソフト坐薬など

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ