m3.comで3000円ゲットする方法!
発熱、痛み、解熱鎮痛薬

ボルタレンの心血管系リスクと上部消化管出血のリスクは、カロナール、ブルフェン、ナイキサン比較するとどのくらい?

ジクロフェナク服用開始後の30日以内の心血管系リスク上部消化管出血リスクについて、以下の報告がありました。

心血管系のリスク

ジクロフェナク群は、NSAIDsを服用しない群、アセトアミノフェン(商品名カロナール)、イブプロフェン(商品名ブルフェン)、ナプロキセン(商品名ナイキサン)を服用する群と比較して、心血管イベントの発生が多くリスク上昇の程度は次のようでした。

<ジクロフェナクのリスク上昇の程度>
以下と比較すると
NSAIDs 非服用:1.5[95% 信頼区間 1.4~1.7]
アセトアミノフェン:1.2[95% 信頼区間 1.1~1.3]
イブプロフェン:1.2[95% 信頼区間 1.1~1.3]
ナプロキセン:1.3[95% 信頼区間 1.1~1.5]

上部消化管出血のリスク
ジクロフェナク群は、NSAIDsを服用しない群、アセトアミノフェン、イブプロフェンを服用する群よりも上部消化管出血のリスクが高く、ナプロキセン服用群とは同程度のリスクでした。

<ジクロフェナクのリスク上昇の程度>
以下と比較すると
NSAIDs 非服用:4.5
アセトアミノフェン:2.5
イブプロフェン:2.5
ナプロキセン:同程度

以上の事から、安易にジクロフェナクを処方することには注意をした方がよさそうです。

参考:
Schmidt M et al., Diclofenac use and cardiovascular risks: series of nationwide cohort studies.
BMJ. 362: k3426, 2018.
https://doi.org/10.1136/bmj.k3426

最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学