m3.comで3000円ゲットしよう!
脳神経・睡眠・精神系

妊娠中の不眠に鉄剤が処方!レストレスレッグス症候群とは?治療薬には何がある?

レストレスレッグス症候群(restless legs syndrome:RLS)

レストレスレッグス症候群は別名“むずむず脚症候群”とも呼ばれ、主に脚に不快な感覚が出現する病気。
症状が出た部位を動かすとその症状が和らぐため、脚の内側から不快感が出ると脚を動かしたくなる=むずむずしたくなる欲求が生じる。ここから別名がついたと思われる。

レストレスレッグス症候群の症状

○脚がむずむずする
○火照る
○虫がはっているかのような不快感
○脚を動かしたくなる衝動にかられる疾患

 

一般に、夕方〜夜にかけて症状が出やすく、特に夜眠ろうとベッド(布団)に入ったときに症状が出やすい。また、じっと座っているとき(新幹線、飛行機、映画館など比較的長時間座っているとき)にも症状がでることがある。

レストレスレッグス症候群はただ不快感が出るだけではなく、不眠症(入眠障害・中途覚醒等)の原因にもなり、日常生活に支障を来しQOL が低下してしまうため、侮れない病気だ。

参考までに、病名についているレストレス(restless)には「じっとしていられない」、「そわそわした」という意味がある。

日本での調査では、レストレスレッグス症候群の患者は人口の2%~4%で、これは200万~400万人にあたる。このうち治療が必要なのは70万人ほどと考えられている。
参考:大塚製薬 レストレスレッグス症候群ってどんな病気?

 

レストレスレッグス症候群は原因は?

原因について大きく分けると
原因が明らかではないもの
脳内で「ドパミン」がうまく働かなくなっている(中枢ドパミン神経伝達が低下して脊髄の神経細胞が興奮状態となり、下肢の筋肉に興奮と異常感覚が発現する)
の2つが考えられている。

このうち②のドパミンに関しては、鉄不足や妊娠、パーキンソン病、薬剤などが関わってくる。

鉄不足:
鉄分は体内でドパミンの合成に関わる物質なので、鉄分が不足するとドパミンの量が減少し、情報伝達がうまくいかなくなる。

妊娠:
妊娠中はエストロゲンの血中濃度が非常に高くなっている。
エストロゲンは妊娠中の血中プロラクチン値を高くするために、ドパミン神経系を抑制する作用があるので、このことが発症に関わっている可能性がある。

パーキンソン病:
脳内のドパミン不足が原因で起こる病気。

薬剤:
ある種の抗精神病薬、制吐薬、抗うつ薬

その他、透析(末期腎不全)、糖尿病、リウマチなどでもレストレスレッグス症候群の症状が出ることが知られている。

 

 

レストレスレッグス症候群の治療薬には何がありますか

①鉄剤(鉄分不足の場合に使用
フェロミア®など

②弱くなったドパミン神経の働きを補うドパミンアゴニスト
ビ・シフロール®
ニュープロ®パッチ

神経の興奮を抑え、症状を抑える抗けいれん薬
レグナイト®

などが使用される。

鉄剤については以下を参考に。

あわせて読みたい
フェロ・グラデュメットとフェロミアの違い、特徴 フェロ・グラデュメット®(乾燥硫酸鉄:FeSO4・xH2O) 特徴 多孔性のプラスチック格子(グラデュメット)の間隙に硫酸鉄を含...
なお、ビ・シフロール®とニュープロ®パッチは妊婦に禁忌のため、妊婦にレストレスレッグス症候群の症状が出た場合、胎児への影響を考慮して、まずは鉄欠乏を疑うとよいだろう。

鉄剤は妊婦でも服用できるが、消化器系の副作用(胃腸障害、黒色便)は伝えておくこと。

 

妊娠中のレバーの過剰摂取は注意!

妊娠中に、鉄剤の代わりに鉄を多く含むレバーを多く摂取すればいいのでしょうか?と言われた場合、ちょっと注意。

レバーは多く鉄を含むが、ビタミンAも多く含むことが知られている。
高用量のビタミンAには催奇形性が指摘されており、妊娠初期・中期のレバーの(過剰)接種は控えたほうがよいとされる。

 

 

レストレスレッグス症候群の非薬物療法

症状が軽度なら非薬物療法を主体とし、症状が中等度以上のときに薬物療法を考慮する。

非薬物療法ではレストレスレッグス症候群を誘発したり悪化させるカフェイン、ニコチン、アルコールの摂取を控えさせる。
また、寝る前にマッサージやストレッチを行うと夜間の症状が和らぐことがある。

 

レストレスレッグス症候群の薬物治療

プラミペキソール(ビ・シフロール®)
<作用機序>
ドパミンD2受容体ファミリー(D2、D3、D4)刺激作用により効果を発揮する。

<適応>
1. パーキンソン病
2. 中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

<用法用量>
1. パーキンソン病
通常、1日量0.25mgから開始。
2週目に1日量を0.5mgとし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.5mgずつ増量し、維持量(標準1日量1.5〜4.5mg)を定める。

1日量が1.5mg未満の場合は分2、朝夕食後1.5mg以上の場合分3、毎食後とする。
1日量は4.5mgを超えないこと

2. レストレスレッグス症候群
通常、0.25mgを1日1回就寝2〜3時間前に服用。
投与は1日0.125mgより開始し、症状に応じて1日0.75mgを超えない範囲で適宜増減。
なお、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこと。

適応症で1日量、服用タイミングが異なることに注意!

☆腎機能障害時の投与法は、各自で添付文書を要確認!!

 

<禁忌>
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

<警告>
前兆のない突発的睡眠及び傾眠等が起こることが知られており、自動車の運転等危険を伴う作業に従事させないよう注意すること、となっている。

<副作用>
傾眠、吐き気、消化不良、頭痛など

 

ロチゴチン(ニュープロ®パッチ)
<特徴>
24時間毎に貼り替える製剤。肝代謝なので腎機能低下患者に使用しやすい。

<作用機序>
すべてのドパミン受容体サブタイプ(D1~D5)を刺激し、効果を発揮する。

<適応>
1.パーキンソン病
2.中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

<用法用量>
1.パーキンソン病
通常、1日1回4.5mg/日からはじめ、以後経過を観察しながら1週間毎に1日量として4.5mgずつ増量し維持量(標準1日量9mg~36mg)を定める。
1日量は36mgを超えないこと。
24時間毎に貼り替える。

2.レストレスレッグス症候群
通常、1日1回2.25mg/日からはじめ、以後経過を観察しながら1週間以上の間隔をあけて1日量として2.25mgずつ増量し維持量(標準1日量4.5mg~6.75mg)を定める。
なお、1日量は6.75mgを超えないこと。
24時間毎に貼り替える。

適応症で1日量の幅が異なることに注意!

 

<副作用>
傾眠、頭痛、吐き気、めまいなど

<禁忌>
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

 

 

ガバペンチン エナカルビル(レグナイト®)
<特徴>
新しい作用機序のレストレスレッグス症候群治療薬。

レストレスレッグス症候群に有効なガバペンチンは、吸収に個人差があること、また薬物吸収トランスポーターの飽和による臨床用量付近での吸収の飽和が認められていた。
これを改善する目的でプロドラッグ化したの本剤(ガバペンチン エナカルビル)である。

本剤は、ガバペンチンとは異なるトランスポーターから吸収され、用量依存的にガバペンチン血中濃度が上昇することが確認されている。
なお、1日1回の服用でよい徐放性製剤である。

<作用機序>
ガバペンチンのレストレスレッグス症候群に対する作用機序の詳細は不明であるが、興奮性神経伝達物質の遊離を抑制するという作用機序が寄与しているものと推察されている。

<適応>
中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

ただし、原則、ドパミンアゴニストによる治療で十分な効果が得られない場合、又はオーグメンテーション(症状発現が2時間以上早まる、症状の増悪、他の部位への症状拡大)等によりドパミンアゴニストが使用できない場合に限り投与する。

今のところ、第一選択薬ではない感じ。

 

<用法用量>
通常、成人には1日1回600mgを夕食後に服用。

軽度の腎機能障害(クレアチニンクリアランス60~89mL/min)への投与は1日1回300mg。
最大用量は1日1回600mgまで。

中等度の腎機能障害(クレアチニンクリアランス30~59mL/min)には1日1回300mg。

<副作用>
体重増加を来すことがあるので、肥満に注意。
眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので自動車の運転などは要注意。

<その他の注意>
in vitroの溶出試験において、アルコール存在下で徐放錠から成分が急速に溶出したとの報告があるため、本剤服用中は飲酒を避けるよう指導すること。

 

レストレスレッグス症候群の治療薬

①鉄不足なら鉄剤を服用
②基本的に、ドパミン受容体刺激薬が第一選択薬
③ドパミン受容体刺激薬がダメなときには、レグナイト®

ビ・シフロール®とレグナイト®は腎排泄
→腎機能低下時の投与方法に注意

ニュープロ®パッチは肝代謝
→腎機能低下時にも使いやすい

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

薬剤師・転職・高年収

Twitterをやっています!【くすりカンパニー】。
「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「当サイトをご支援していただける方」を募集中!DMにてご連絡ください。