m3.comで3000円ゲットする方法!
脳神経・睡眠・精神系

高齢者のてんかん(部分発作)+アルツハイマーの合併。どの てんかん治療薬とアルツハイマー治療薬を選ぶ?

アルツハイマー型認知症の高齢者は、てんかんを併発することがある。
その際、治療薬の選択は注意する必要があるかもしれない。

てんかん診療ガイドライン2018によると

合併症・併存症のない高齢者の部分発作
→カルバマゼピン(テグレトール®)、ラモトリギン(ラミクタール®)、レベチラセタム(イーケプラ®)、ガバペンチン(ガバペン®)が推奨

合併症・併存症のある高齢者の部分発作
→ラモトリギン(ラミクタール®)、レベチラセタム(イーケプラ®)、ガバペンチン(ガバペン®)が推奨

高齢者の全般発作
→ラモトリギン(ラミクタール®)、バルプロ酸(デパケン®)、レベチラセタム(イーケプラ®)、トピラマート(トピナ®)が推奨

となっている。

ということで、
部分発作+アルツハイマー型認知症を合併している場合は、抗てんかん薬は「ラモトリギン(ラミクタール®)、レベチラセタム(イーケプラ®)、ガバペンチン(ガバペン®)」のどれかを選ぶとよい。

しかし、治療薬としてカルバマゼピンを先に服用し、後からアルツハイマー型認知症治療薬であるコリンエステラーゼ阻害薬(ChEI)を追加する場合は注意。

ChEIにはドネペジル(アリセプト®)、ガランタミン(レミニール®)、リバスチグミン(イクセロン®パッチ、リバスタッチ®パッチ)がある。

このうち、ドネペジルの併用注意薬剤にカルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタールなどの抗てんかん薬がある。これらによりドネペジルの効果が弱くなる可能性があるためだ。
一方、ガランタミン・リバスチグミンはこれらの薬剤と併用注意にはなっていない

よって、カルバマゼピンを変更できない(しない)場合は、ドネペジルではなく、ガランタミン or リバスチグミンを選択するとよいだろう。

あわせて読みたい
アリセプト、レミニール、イクセロン・リバスタッチ、メマリー。認知症治療薬の違い、特徴抗認知症薬の基本情報 コリンエステラーゼ阻害薬(ChEI) 記憶形成、認知機能にはアセチルコリンが関わっています。 ...
最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学