m3.comで3000円ゲットする方法!
感染症・抗生剤・抗ウイルス薬

蜂窩織炎(ほうかしきえん)とは?有効な抗生剤は?

蜂窩織炎

皮膚および皮下組織の急性細菌感染で、腕や足、顔面などに突然発症する。
症状には紅斑、腫脹、局所熱感、疼痛などがある。

原因菌の多くはA群β溶血性レンサ球菌、黄色ブドウ球菌。
ときにインフルエンザ桿菌が原因のこともある。

また、動物(犬・猫)に噛まれることで蜂窩織炎が起こることがあるが、このときは
パスツレラ・ムルトシダ(Pasteurella multocida)、カプノサイトファーガ・カニモルサス(Capnocytophaga canimorsus)が原因となりやすい。

 

治療薬

ペニシリン系(アモキシシリンなど)、セフェム系などの抗生剤。
ペニシリン系・セフェム系がダメならST合剤を使用することもある。

ペニシリン系
→溶血性レンサ球菌によく効くが、ブドウ球菌にはイマイチなことも。

セフェム系
→第一世代のセファゾリン、セファレキシン(ケフレックス®)などが使用されることが多い。セファゾリン、セファレキシンは溶血性レンサ球菌、ブドウ球菌に有効。
第三世代のセフトリアキソンはインフルエンザ桿菌もカバーする。


バクタ®を検討

ペニシリン系・セフェム系などのβラクタム系が使えないときにはST合剤のバクタ®を使用することもあるが、溶血性レンサ球菌・ブドウ球菌に対する効果は、ペニシリン系・セフェム系よりも落ちる。

動物に噛まれた場合
→βラクタマーゼ阻害薬配合のアモキシシリン・クラブラン酸(オーグメンチン®)を使用。

あわせて読みたい
猫ひっかき病、ヒト・犬・猫にかまれた場合に使用する抗生剤猫ひっかき病 Bartonella henselae(バルトネラ・ヘンセラエ)が原因菌。 ネコノミの糞便中に排泄されたBartone...

 

顔面の蜂窩織炎
→インフルエンザ菌が原因のことが多く、セフトリアキソンやオーグメンチン®を使用することがある。

 

鑑別疾患

緊急事態である壊死性筋膜炎、ガス壊疽との鑑別が大事。

壊死性筋膜炎
→溶連菌、Vibrio vulnificus(ビブリオ・バルニフィカス)などが原因菌。

ガス壊疽
→嫌気性菌、Clostridium perfrigens(ウェルシュ菌)などが原因菌。

最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学