m3.comで3000円ゲットしよう!
感染症・抗生剤・抗ウイルス薬

クループ症候群とは?デカドロンエリキシルの投与量は?

クループ症候群の基本情報

●急性の気道閉塞性呼吸困難を呈する病態の総称。
●多くはウイルスが原因で、パラインフルエンザウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどの感染により起こる場合がある。
●多くは生後6カ月~3歳の小児に発生する。
●喉頭の炎症による「ケンケンと、犬が吠えるような特徴的な咳」や、吸気性喘鳴、嗄声、呼吸困難などの症状があるとクループ症候群を疑う。

 

クループ症候群の治療

喉頭の炎症を抑えるためにステロイドが処方される。

<軽症>
デキサメタゾン エリキシル(デカドロン®エリキシル)

処方例
デキサメタゾンとして0.15mg(デカドロン®エリキシルとして1.5ml)/kg、単回服用

1歳、10kgなら1回に15ml内服。

なお、デカドロン®エリキシルはクループ症候群には適応外になるが、社会保険診療報酬支払基金では「当該使用事例を審査上認める」対象になっている。

あわせて読みたい
ロキソニンに頭痛の適応がない??保険適応はないけど、保険請求は通る事例一覧よく目にする、ロキソプロフェン(商品名ロキソニン)の頭痛時の処方。実は保険適応はないって知っていましたか? ですがご安心を。 ...

 

デカドロン®エリキシルの在庫がない場合は、リンデロン®シロップ(ベタメタゾン)の同量処方で代用される場合がある。

ベタメタゾンはデキサメタゾンの光学異性体で、薬効もほぼ同等。

また、デカドロン®エリキシルはアルコールが含まれているが、リンデロン®シロップにはアルコールは含まれていないという特徴がある。

 

あわせて読みたい
ネキシウム、クラビット、ルネスタ、ザイザルの共通点 ~エナンチオマーとラセミ体~エナンチオマーとラセミ体 エナンチオマー=鏡像異性体(≒光学異性体)を等量ずつ含む物質をラセミ体というが、そこから片一方のエナンチオマ...

クループ症候群は夜間に悪化することが多いため、咳・喘鳴が再発した場合はすぐにステロイドを服用させ、できるだけ早く受診する必要がある。

<中等症から重症>
ブデソニド(パルミコート®)吸入が症状の改善と入院抑制に有効とされ、欧米のガイドラインではデキサメタゾン内服困難例が適応と位置づけられている。

参考:
咳嗽に関するガイドライン第2版
●小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学