m3.comで3000円ゲットしよう!
発熱、痛み、解熱鎮痛薬

ロコアテープ処方時は併用薬と病名に注意!

ロコア®と内服NSAIDsの併用は注意

ロコア®テープと内服NSAIDsの併用の審査が、2019年12月くらいから厳しくなっている模様。

メーカーに確認したところ
✅処方するなら「ロコア®テープ + ロキソニン®錠、頓用10回分」くらいまで
✅内服NSAIDsを漫然と投与している場合は要注意
✅カロナール®との併用は問題ないと考えられる

とのこと。

なぜ、内服NSAIDsとの併用が厳しいのか?
添付文書には次の記載がある。

本剤2枚貼付時の全身曝露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから、1日貼付枚数は2枚を超えないこと。本剤投与時は他の全身作用を期待する消炎鎮痛剤との併用は可能な限り避けることとし、やむを得ず併用する場合には、必要最小限の使用にとどめ、患者の状態に十分注意すること。

つまり、ロコア®テープは内服NSADIsを飲んでいるようなもので、そこにさらにロキソニン®などを漫然と使用するのはよくないでしょ、ということだろう。
カロナール®と内服NSADIsの併用は特に禁忌対象ではないので、ロコア®テープとカロナール®の併用は大丈夫というのは納得できる気がする。

 

ロコア®テープの適応症に注意!

<適応症と用法用量>
変形性関節症における鎮痛・消炎
1日1回、患部に貼付する。同時に2枚を超えて貼付しないこと。
枚数制限あり

適応は変形性関節症。
病名を間違えると返戻になる。
病名は「変形性〇関節症」の〇に「肩」、「足」、「肘」、「膝」などを入れる。
ただし、「手」はダメ。

病名について詳しいことを知りたい場合は、各自メーカーに確認してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学