転職をお考えの薬剤師さんへ。
感染症・抗生剤・抗ウイルス薬

溶連菌に有効な抗生剤

溶連菌にはペニシリン

溶連菌(A群溶連菌:Streptococcus pyogenes)は細菌性急性咽頭炎の原因菌の1つ。
ペニシリン系にほぼ100%感受性があるので、第一選択薬はペニシリン系(サワシリン®など)。

ではペニシリンアレルギーの時はどうするか?
ペニシリンアレルギー時の代替には以下のものがある。

第3世代セフェム系
ほぼ100%感受性がある。
ただし、ペニシリン系とセフェム系の交差反応は、第1世代では5~16%、第2世代が約10%、 第3世代が 2~3%とされているため、念のため注意が必要。

クリンダマイシン(ダラシン®)
厚生労働省院内感染対策サーベイランスによると感受性は約84%。

クラリス®
ただし、最近は耐性菌が増えてきているので、推奨しにくい。

そんなときは
●ニューキノロン系のクラビット®も選択肢にあがる。

 

自称ペニシリンアレルギーに注意!   

 
多くは真のアレルギーではなく、ペニシリンを服用しても差し支えない場合が多い。
アレルギー歴があるという患者のうちアレルギー検査で陽性となるのは2%にも満たないとの報告もある。

その理由として
①患者自身の勘違い
②Ⅰ型アレルギーの場合、5年以内に50%、10年以内に80%の患者がアレルギーを示さなくなる
などがあると考えられる。

 

参考:
医薬品安全性情報 Vol.14 No.22(2016/11/02)

Macy E, Contreras R. Health care use and serious infection prevalence associated with penicillin “allergy” in hospitalized patients: a cohort study. J Allergy Clin Immunol. 2013; 133: 790-6.

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/stluke/201009/516678_2.html

洛和会音羽病院のPDF

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ