転職をお考えの薬剤師さんへ。
抗がん剤

抗がん剤による口内炎の治療薬には何がありますか?

抗がん剤による口内炎の発生頻度は30~40%とかなり高いです。

一般に、抗がん剤を投与してから4~5日目くらいから口内炎ができ始め、10~14日間ほどで治癒します。

治癒するまでに次の抗がん剤投与が開始されると、症状が悪化したり、新しい口内炎ができたりし、治療の継続に大きな影響を与えます。

抗がん剤による口内炎の治療薬には保険適応されるものと、されないものがあります。

保険適応されるもの
エピシル®口腔用液(局所管理ハイドロゲル創傷被覆・保護材)

2018年1月31日に保険適用された管理医療機器で、「化学療法や放射線療法に伴う口内炎で生じる口腔内疼痛の管理及び緩和」に使用されます。

<使い方>
ポンプを1~3 回プッシュし、患部に内容液を滴下塗布したのち、舌で患部に塗り広げます。その後、保護膜が形成されるまで数分おきます。

<原理>
口腔粘膜に適量を適用すると数分以内に口腔粘膜の水分を吸収してゲル状になり、物理的バリアを形成することにより、口内炎で生じる口腔内疼痛を管理及び緩和します。

 

保険適応されないもの
①含嗽用ハチアズレ®顆粒10g+グリセリン60ml+精製水(加水全量500ml)
1回50ml、1日数回うがい

②アルサルミン®内用液10%
1 回10mL を2 分間以上口腔内に含ませる

③アルロイドG®内用液5%
1回30mL、毎食前にうがい

④アロプリノール500mg+ポリアクリル酸ナトリウム0.5g+リドカイン塩酸塩100mL +精製水400mL
1日数回、適宜うがい。

★薬物による口内炎治療には限界があるため、ブラッシングやデンタルフロスによる口腔ケアが非常に重要になります。

参考:重篤副作用疾患別対応マニュアル 抗がん剤による口内炎

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ