m3.comで3000円ゲットする方法!
妊娠と授乳

授乳中に使用できる抗不整脈薬は次のうちどれ?ワソラン・メキシチール・セロケン・アンカロン

抗不整脈薬:授乳中に使用できるものと使用できないもの

ベラパミル(ワソラン®
メキシレチン(メキシチール®
メトプロロール(セロケン®
アミオダロン(アンカロン®

上記の薬剤の中で授乳中に服用可能と考えられる薬剤は、
ワソラン®、メキシチール®、セロケン®の3つです。

一方で、アンカロン®は母乳中に分泌され、乳児の甲状腺機能を抑制する作用があるため、投与してはいけません。

参考:
産婦人科診療ガイドライン産科編 2017
母乳とくすりハンドブック改定第3版(大分県「母乳と薬剤」研究会が作成)
国立成育医療研究センター
●薬物治療コンサルテーション:妊娠と授乳 改定2版

参考までに…

多くの薬では、ほぼ一律に「服用中は授乳を避けること」と添付文書には記載されていますが、RID(relative infant dose)に関してまで言及はされていません。

RIDは、
「母乳を介する乳児の体重当たりの薬物摂取量(mg/kg/日)が、母親の体重当たりの薬物摂取量(mg/kg/日)の何%に相当するか」
を表します。

    乳児の薬物摂取量
RID = ――――――――― ×100(%)
    母親の薬物摂取量

RIDの数値は授乳中に投薬が可能かどうかを判断する1つの材料となります。

具体的には、
RIDが10%以上の薬剤は多剤への変更を考慮します。
例)抗てんかん薬:フェノバルビタール、エトスクシミド、プリミドン、ラモトリギン

RIDが10%以下なら比較的安全、1%以下はまず問題にはならないと、通常考えられています。

あわせて読みたい
授乳婦(乳児)への薬の使用の判断基準。現場で役に立つ情報源はこれだ!授乳婦(乳児)へ薬を使用するときは、webから閲覧できる情報と、書籍からの情報が有用です。 webから閲覧できる情報 ①国立成育医療...
最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学