転職をお考えの薬剤師さんへ。
妊娠と授乳

授乳中に使用できる抗不整脈薬は次のうちどれ?ワソラン・メキシチール・セロケン・アンカロン

抗不整脈薬:授乳中に使用できるものと使用できないもの

ベラパミル(ワソラン®
メキシレチン(メキシチール®
メトプロロール(セロケン®
アミオダロン(アンカロン®

上記の薬剤の中で授乳中に服用可能と考えられる薬剤は、
ワソラン®、メキシチール®、セロケン®の3つです。

一方で、アンカロン®は母乳中に分泌され、乳児の甲状腺機能を抑制する作用があるため、投与してはいけません。

参考:
産婦人科診療ガイドライン産科編 2017
母乳とくすりハンドブック改定第3版(大分県「母乳と薬剤」研究会が作成)
国立成育医療研究センター
●薬物治療コンサルテーション:妊娠と授乳 改定2版

参考までに…

多くの薬では、ほぼ一律に「服用中は授乳を避けること」と添付文書には記載されていますが、RID(relative infant dose)に関してまで言及はされていません。

RIDは、
「母乳を介する乳児の体重当たりの薬物摂取量(mg/kg/日)が、母親の体重当たりの薬物摂取量(mg/kg/日)の何%に相当するか」
を表します。

    乳児の薬物摂取量
RID = ――――――――― ×100(%)
    母親の薬物摂取量

RIDの数値は授乳中に投薬が可能かどうかを判断する1つの材料となります。

具体的には、
RIDが10%以上の薬剤は多剤への変更を考慮します。
例)抗てんかん薬:フェノバルビタール、エトスクシミド、プリミドン、ラモトリギン

RIDが10%以下なら比較的安全、1%以下はまず問題にはならないと、通常考えられています。

あわせて読みたい
授乳婦(乳児)への薬の使用の判断基準。現場で役に立つ情報源はこれだ!授乳婦(乳児)へ薬を使用するときは、webから閲覧できる情報と、書籍からの情報が有用です。 webから閲覧できる情報 ①国立成育医療...
シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ