m3.comで3000円ゲットする方法!
泌尿器

クランベリーは尿路感染症の予防に効果があるか?

クランベリーには、尿を酸性化し細菌の増殖を抑制する物質と、細菌が膀胱壁に付着するのを防ぐ物質が含まれています。

2008年のコクランレビューでは、クランベリー製品の摂取は尿路感染症(UTI)の発症予防効果があると示されていました。

しかし、2012年に新たな研究を追加して分析した結果、「プラセボまたは無治療と比較してUTIが減少する傾向がわずかに認められたが、有意な結果ではなかった」とわかりました。このため、現時点ではUTI予防にクランベリー製品を推奨することはできないとされています1)

なお、クランベリージュースはワルファリンのINRを上昇させることがあります2)
これは、CYP2C9を阻害することでワルファリンの血中濃度を上昇させたためと考えられています。ワルファリンを服用中の場合は摂取に注意する必要があります。

参考:
1)https://www.cochrane.org/ja/CD001321/niao-lu-gan-ran-zheng-yu-fang-niokerukuranberi
2)Ann Pharmacother. 2011 Mar;45(3):e17.

最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学