転職をお考えの薬剤師さんへ。
泌尿器

クランベリーは尿路感染症の予防に効果があるか?

クランベリーには、尿を酸性化し細菌の増殖を抑制する物質と、細菌が膀胱壁に付着するのを防ぐ物質が含まれています。

2008年のコクランレビューでは、クランベリー製品の摂取は尿路感染症(UTI)の発症予防効果があると示されていました。

しかし、2012年に新たな研究を追加して分析した結果、「プラセボまたは無治療と比較してUTIが減少する傾向がわずかに認められたが、有意な結果ではなかった」とわかりました。このため、現時点ではUTI予防にクランベリー製品を推奨することはできないとされています1)

なお、クランベリージュースはワルファリンのINRを上昇させることがあります2)
これは、CYP2C9を阻害することでワルファリンの血中濃度を上昇させたためと考えられています。ワルファリンを服用中の場合は摂取に注意する必要があります。

参考:
1)https://www.cochrane.org/ja/CD001321/niao-lu-gan-ran-zheng-yu-fang-niokerukuranberi
2)Ann Pharmacother. 2011 Mar;45(3):e17.

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ