m3.comで3000円ゲットしよう!
呼吸器

アスピリン喘息に使用しない方がよいステロイド注射薬とは?

アスピリン喘息に使用を控えるべきステロイド注射薬

ステロイド製剤は水に難溶性のため、静注薬はコハク酸、もしくはリン酸を側鎖につけたエステル構造で製剤化されている。一方、内服用ステロイドはそのような側鎖は必要がない。

添付文書上は禁忌になっておらずあまり知られていないが、「コハク酸エステル型ステロイド製剤の静注」によりアスピリン喘息発作を誘発する恐れがあるため、アスピリン喘息患者への以下の注射薬の使用は控えるべきである。

ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム
商品名:ソル・コーテフ、サクシゾンなど

メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム
商品名:ソル・メドロールなど

プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム
商品名:水溶性プレドニン

 

ソル・コーテフ®、ソル・メドロール®の添付文書には
「気管支喘息の患者の喘息発作を悪化させることがある。薬物、食物、添加物等に過敏な喘息患者(アスピリン喘息の既往を有する患者等)には特に注意が必要である」と記載がある。

 

一方、リン酸エステル型ステロイドの注射剤では、アスピリン喘息にはほとんど影響がないとされる

リン酸エステル型ステロイドの注射剤には

デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム
商品名:デカドロン

ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム
商品名:リンデロン  

などがある。
ただし、デカドロン®注射液にはパラベン(パラオキシ安息香酸エステル)と亜硫酸水素ナトリウム、リンデロン®注射液には乾燥亜硫酸ナトリウムなどの添加物を含んでおり、その急速投与は安全とはいえない。


喘息発作時に一番安全なステロイド製剤は、余計な側鎖・添加物がない「ステロイド内服」である。

内服ができないときは、コハク酸エステル型よりも、リン酸エステル型のステロイド製剤の静注を選択する。
ただし、この場合でも急速投与は避けて1~2時間以上かけて投与したほうがよい。

 

参考:NSAIDs不耐症・過敏症

あわせて読みたい
アスピリン喘息に使用できる解熱鎮痛薬は?アセトアミノフェンは何mgなら使える?アスピリン喘息とは アスピリン喘息は成人喘息の約10%を占め、鼻茸(はなたけ、鼻ポリープ)、副鼻腔炎(蓄膿症)の既往がある方・手術歴が...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学