m3.comで3000円ゲットしよう!
呼吸器

喘息でセレベント単独、ホクナリンテープ長期使用がダメな理由とは?

喘息治療薬の1つにβ2刺激薬があるが、その使い方には注意が必要だ。

今回はセレベント®とホクナリン®テープの注意点を紹介する。

まず、セレベント®(サルメテロール)の適応は「気管支喘息」と「慢性閉塞性肺疾患」である。添付文書をよく読んで欲しいが、気管支喘息で使用する場合の注意点として次の記載がある

「本剤は気管支喘息の急性症状を軽減させる薬剤ではない。」

「本剤の使用開始前には、患者の喘息症状を比較的安定な状態にしておくこと。喘息発作重積状態又は喘息の急激な悪化状態のときには、原則として本剤は使用しないこと。」

気管支喘息治療の基本は、吸入ステロイド剤等の抗炎症剤の使用であり、吸入ステロイド剤等により症状の改善が得られない場合、あるいは患者の重症度から吸入ステロイド剤等との併用による治療が適切と判断された場合にのみ、本剤と吸入ステロイド剤等を併用して使用すること。

つまり、気管支喘息に対してはセレベント®は単独では使用せず(できず)、吸入ステロイドと併用するということだ。

 

次に、ホクナリン®(ツロブテロール)テープ

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017(JPGL2017)でツロブテロールテープの位置づけは大きく変わった。

従来、喘息の薬物治療は「長期薬物治療」と「発作治療」の2つに分けられており、ツロブテロールテープは長期薬物治療に該当していた。

しかし、JPGL2017では新しく「短期追加治療」というカテゴリーが追加され、ここにツロブテロールテープが入った

では短期追加治療とはどういうものか。
その定義は
長期管理中に、感冒や季節性などの変動などで一過性のコントロールの悪化が認められた場合に、2週間以内で追加する治療
となっている。

つまり、気管支喘息に対してツロブテロールテープは長期使用するものではなく、(吸入ステロイド薬などで)長期管理をしていても症状が悪化し、必要時に追加、ただし2週間以内の使用である、ということだ。漫然と使用してはいけないのだ

なお、ツロブテロールテープを咳止めテープと表現するのは避けたほうが良い。咳止めという表現により、貼ればすぐ症状が抑えられると勘違いさせることがあるからだ。喘息発作で使用するメプチン®エアーなどの短時間作用型と異なり、ツロブテロールテープに即効性はない。

ツロブテロールテープの説明をする際は、
「空気の通り道である気道を広げて呼吸を楽にします。呼吸が楽になり、咳も出にくくなります」などと言うとよいだろう。

<気管支喘息の治療>

●気管支喘息の治療は吸入ステロイドが基本。
●セレベント®の単独使用はダメ。吸入ステロイドと併用する。
●小児のツホクナリン®テープの漫然使用はダメ。必要時に、短期間だけ。

あわせて読みたい
ホクナリンテープの基本を覚えよう!いつ貼るのがよい?再貼付、切断の可否。結晶レジボアシステムとは。ホクナリン®テープはよく処方されるので、基本を覚えておきましょう! <特徴> ●他のテープ剤にはない、結晶レジボアシステムにより薬物...
あわせて読みたい
咳が止まらない!疑うべき病気は?結核にも要注意! 咳の特徴と治療薬について教えます!咳の持続期間と咳の原因 咳の持続期間で呼び方が変わります。 3週間未満:急性咳嗽 3週間以上、8週未満:遷延性咳嗽 8週以上:慢...
最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学