転職をお考えの薬剤師さんへ。
発熱、痛み、解熱鎮痛薬

解熱剤で熱性けいれんを予防できますか?

231人の子供を対象とした試験1)によると、結果は次のようでした。

熱性けいれん再発率
解熱剤群
 46人/197人(23.4%)

プラセボ群
 8人/34人(23.5%)

結果(再発率の差)
 -0.2[95%信頼区間 -12.8~17.6]

信頼区間が0をまたいでおり、12.8%もリスクが減るかもしれないが、逆に17.6%もリスクが増えるかもしれない、というはっきりしない結果です。

次に、熱性けいれん診療ガイドライン2015によると、
発熱時の解熱薬使用については熱性けいれんを予防できるとするエビデンスはなく、再発予防のための使用は推奨されない」としています。

熱性けいれんの再発を予防する目的で解熱剤を使用するのは推奨されない。

参考
1)Arch Pediatr Adolesc Med. 2009 Sep;163(9):799-804. doi: 10.1001/archpediatrics.2009.137.
Antipyretic agents for preventing recurrences of febrile seizures: randomized controlled trial.

あわせて読みたい
ダイアップ坐剤:熱性けいれん時の使い方と間隔は?熱性けいれんの既往がある小児に、発熱時のダイアップ坐剤は必要か? 熱性けいれん診療ガイドライン2015(以下ガイドライン)によると、「...
シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ