m3.comで3000円ゲットしよう!
漢方

サンシシを含む漢方薬で腸間膜静脈硬化症に?長期間の服用には要注意!

腸間膜静脈硬化症とは

大腸壁内から腸間膜の静脈に石灰化が生じ、血流障害が起こることによって、腸管が慢性的に虚血状態になる疾患。

症状は、右側腹痛、下痢、悪心・嘔吐など。
無症状でも便潜血陽性が出ることもある。

2013年の厚生労働科学研究による報告では、腸間膜静脈硬化症患者の8割以上がサンシシ含有漢方薬を服用し、その内9割以上で服用期間が5年以上だった。

 

サンシシで腸間膜静脈硬化症が引き起こされる理由

サンシシ中の成分「ゲニポシド」が大腸の腸内細菌により加水分解され、生成された「ゲニピン」が大腸から吸収されて腸間膜静脈を通って肝臓に到達する間に、アミノ酸や蛋白質と反応することで血流をうっ滞させ、腸管壁の浮腫、線維化、石灰化、腸管狭窄を起こすと考えられている。

サンシシを含有する漢方薬
 黄連解毒湯
 加味逍遥散
 茵蔯蒿湯
 辛夷清肺湯
 防風通聖散
 温清飲
 加味帰脾湯
 荊芥連翹湯
 五淋散
 柴胡清肝湯
 梔子柏皮湯
 清上防風湯
 清肺湯
 竜胆瀉肝湯

処方頻度のこともあると思われるが、腸間膜静脈硬化症になった患者の大部分は、赤文字の黄連解毒湯、加味逍遥散、茵蔯蒿湯、辛夷清肺湯を服用していた。

参考:漢方薬による腸間膜静脈硬化症

 

まとめ

長期(特に5年以上)に渡りサンシシを含む漢方を服用している場合、  

●右側の腹痛  
●下痢
●腹部膨満
●悪心・嘔吐
●便秘
などがあれば、また、
●無症状でも便潜血陽性

があれば、腸間膜静脈硬化症を疑うとよいだろう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学