転職をお考えの薬剤師さんへ。
感染症・抗生剤・抗ウイルス薬

小児にアモキシシリン3600mgっていいんですか??

小児にアモキシシリン3600mgという処方がきたらどうしますか?
大人でもこんな量使わないから疑義しないと!と思う方が多いかもしれませんが、結論からいくと小児には最大量3600mgまで処方することが可能です。

その根拠はクラバモックス®小児用配合ドライシロップ(以下クラバモックス)の添付文書に書いてあります。

クラバモックス1.01g中には
クラブラン酸カリウム 42.9mg(力価)
アモキシシリン水和物 600mg(力価)が含まれています。

クラバモックスの体重換算表によると、体重37〜39kg(40kg以上の表示なし)で6.06g使用となっています。

つまり、体重37〜39kgの小児は、アモキシシリンを3600mgも服用することになるのです。

では、サワシリン®細粒10%の添付文書ではどうなっているのでしょうか?

<用法・用量>
小児:アモキシシリン水和物として、通常1日20〜40mg(力価)/kgを3〜4回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないこと。
(サワシリン®添付文書より)

最大〇mgまで、とは書いてありませんが、40kgの小児がいたとすれば1日量3600mgまで使用可能となり、クラバモックスの最大量と同じになります。
40kgを超える小児の場合は、3600mg以上の量の処方とならないようにしましょう。


Q.アモキシシリンを90mg/kg/日で使用する場合とは?

A.「重症急性中耳炎」には大量投与の90mg/kg/日が望ましいと考えられています。

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ