m3.comで3000円ゲットしよう!
感染症・抗生剤・抗ウイルス薬

小児にアモキシシリン3600mgっていいんですか??

小児にアモキシシリン3600mgという処方がきたらどうしますか?
大人でもこんな量使わないから疑義しないと!と思う方が多いかもしれませんが、結論からいくと小児には最大量3600mgまで処方することが可能です。

その根拠はクラバモックス®小児用配合ドライシロップ(以下クラバモックス)の添付文書に書いてあります。

クラバモックス1.01g中には
クラブラン酸カリウム 42.9mg(力価)
アモキシシリン水和物 600mg(力価)が含まれています。

クラバモックスの体重換算表によると、体重37〜39kg(40kg以上の表示なし)で6.06g使用となっています。

つまり、体重37〜39kgの小児は、アモキシシリンを3600mgも服用することになるのです。

では、サワシリン®細粒10%の添付文書ではどうなっているのでしょうか?

<用法・用量>
小児:アモキシシリン水和物として、通常1日20〜40mg(力価)/kgを3〜4回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないこと。
(サワシリン®添付文書より)

最大〇mgまで、とは書いてありませんが、40kgの小児がいたとすれば1日量3600mgまで使用可能となり、クラバモックスの最大量と同じになります。
40kgを超える小児の場合は、3600mg以上の量の処方とならないようにしましょう。


Q.アモキシシリンを90mg/kg/日で使用する場合とは?

A.「重症急性中耳炎」には大量投与の90mg/kg/日が望ましいと考えられています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学