転職をお考えの薬剤師さんへ。
未分類

成分が同じだけど、適応が異なる製剤。

成分が同じでも、適応が異なる薬剤があることを知っていますか?
ここではその一例をご紹介します。

ゾニサミド
エクセグラン®
<適応>
部分てんかんおよび全般てんかんの下記発作型
●部分発作
 ・単純部分発作〔焦点発作(ジャクソン型を含む)、自律神経発作、精神運動発作〕
 ・複雑部分発作〔精神運動発作、焦点発作〕
 ・二次性全般化強直間代けいれん〔強直間代発作(大発作)〕
●全般発作
 ・強直間代発作〔強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)〕
 ・強直発作〔全般けいれん発作〕
 ・非定型欠神発作〔異型小発作〕
●混合発作〔混合発作〕

 

トレリーフ®OD錠
<適応>
●パーキンソン病(レボドパ含有製剤に他の抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合)
●レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズム(レボドパ含有製剤を使用してもパーキンソニズムが残存する場合)

<特徴>
どちらの適応でも、トレリーフ®はレボドパ含有製剤と併用する。
パーキンソン病には1日1回25~50mg、パーキンソニズムには1日1回25mgと、てんかん(エクセグラン:維持量は通常1日200〜400mg、分1~3)に使用するよりも少量である。

注意!
ゾニサミドは、発汗減少があらわれることがあるため、体温上昇に注意すること(特に夏場)。

 

ゾレドロン酸水和物
リクラスト®点滴静注液
<適応>
骨粗鬆症

<特徴>
1年に1回注射

 

ゾメタ点滴静注
<適応>
●悪性腫瘍による高カルシウム血症
●多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変

 

サラゾスルファピリジン
アザルフィジン®EN
<適応>
リウマチ

<特徴>
腸溶性フィルムコーティング錠

 

サラゾピリン®錠
<適応>
潰瘍性大腸炎、限局性腸炎、非特異性大腸炎

あわせて読みたい
ペンタサ、アサコール、リアルダの違いと特徴。進化するメサラジン製剤。潰瘍性大腸炎の薬 メサラジンとは メサラジンは潰瘍性大腸炎に対して優れた抗炎症作用を発揮するが、経口投与では大部分が小腸で吸収されてし...

ブデソニド
ゼンタコート®カプセル
<適応>
軽症から中等症の活動期クローン病

<特徴>
ブデソニドを含有する腸溶性徐放顆粒を充填した硬カプセル剤。
「腸溶性」及び「徐放性」の 2 つの特性を有し、局所で抗炎症作用を発揮する。

 

レクタブル2mg注腸フォーム14回
<適応>
潰瘍性大腸炎(重症を除く)

 

パルミコート®(タービュヘイラー/吸入液)
<適応>
気管支喘息

 

シムビコート®タービュヘイラー
(ブデソニド/ホルモテロールフマル酸)
<適応>
●気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)
●慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

 

ビレーズトリ®エアロスフィア56吸入
(ブデソニド/グリコピロニウム/ホルモテロールフマル酸)
<適応>
●慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤、長時間作用性吸入抗コリン剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

 

ロラゼパム
ワイパックス®
<適応>
●神経症における不安・緊張・抑うつ
心身症(自律神経失調症、心臓神経症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ

 

ロラピタ®静注
<適応>
てんかん重積状態

 

デノスマブ(遺伝子組換え)
プラリア®皮下注
<適応>
●骨粗鬆症(6ヵ月に1回、皮下投与)
●関節リウマチに伴う骨びらんの進行抑制(6ヵ月に1回、皮下投与。症状によっては3ヵ月に1回、皮下投与することができる。)

 

ランマーク®皮下注
<適応>
多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変(4週間に1回、皮下投与)

注意!
プラリア®もランマーク®も、通常はデノタス®チュアブルと併用する。

デノタスチュアブル配合錠
適応:RANKL阻害剤(デノスマブ(遺伝子組換え)等)投与に伴う低カルシウム血症の治療及び予防

あわせて読みたい
リクラスト、プラリア、フォルテオ、テリボン、イベニティの違い、特徴、作用機序。 骨粗鬆症は、骨量が減少することで骨折が起こりやすくなる疾患である。 原因は、加齢などにより骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨形...

ラモセトロン塩酸塩
イリボー®錠2.5μg/5μg
<適応>
下痢型過敏性腸症候群

<特徴>
男性と女性で投与量が異なる。
男性:通常、5μgを1日1回。1日最高投与量は10μgまで。
女性:通常、2.5μgを1日1回。1日最高投与量は5μgまで。

 

ナゼア®OD錠0.1mg
<適応>
抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)

<特徴>
通常、0.1mgを1日1回服用する。
0.1mg=100μgなので、イリボ―®錠5μg、20錠に相当する。

抗悪性腫瘍剤の投与1時間前に投与。
悪心、嘔吐を未然に防ぐために使用(=予防)。

 

ナゼア®注射液0.3mg
<適応>
適応抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)
0.3mgを1日1回静脈内投与

<特徴>
通常1日1回0.3mg=300μgを投与。イリボ―®錠5μg、60錠相当。
ナゼア®OD錠と異なり、注射剤は悪心、嘔吐が発現している患者へ使用する。

 

メトトレキサート
メソトレキセート®錠2.5mg
<適応>
下記疾患の自覚的並びに他覚的症状の緩解
●急性白血病
●慢性リンパ性白血病
●慢性骨髄性白血病

 

リウマトレックス®カプセル2mg
<適応>
●関節リウマチ
●局所療法で効果不十分な尋常性乾癬
関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症
●関節症状を伴う若年性特発性関節炎

メトトレキサートは2.5mg製剤と2mg製剤では適応が全く異なるので要注意!

また、リウマトレックス®はリウマチだけではなく、乾癬にも適応があるので、リウマトレックス=リウマチという思い込みには注意が必要。

 

オロパタジン
アレロック®錠
<適応>
成人:アレルギー性鼻炎、じん麻疹、皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)

小児:アレルギー性鼻炎、じん麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒

 

パタノール®点眼液
<適応>
アレルギー性結膜炎

 

モメタゾンフランカルボン酸エステル
フルメタ軟膏/クリーム/ローション
<適応>
省略

 

ナゾネックス点鼻液
<適応>
アレルギー性鼻炎

 

アテキュラ吸入用カプセル
(インダカテロール/モメタゾンフランカルボン酸エステル)
<適応>
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

エナジア吸入用カプセル
(インダカテロール/グリコピロニウム/モメタゾンフランカルボン酸エステル)
<適応>
気管支喘息(吸入ステロイド剤、長時間作用性吸入β2刺激剤及び長時間作用性吸入抗コリン剤の併用が必要な場合)

 

ホリナートカルシウム
ロイコボリン®錠5mg

<適応>
以下の療法における、葉酸代謝拮抗剤の毒性軽減。
●メトトレキサート通常療法
●CMF療法
●メトトレキサート関節リウマチ療法
●M-VAC療法
●メトトレキサート・フルオロウラシル交代療法

 

ロイコボリン®錠25mg
<適応>
ホリナート・テガフール・ウラシル療法における、結腸・直腸癌に対するテガフール・ウラシルの抗腫瘍効果の増強。

 

クエチアピンフマル酸塩
セロクエル®錠
<適応>
統合失調症

ビプレッソ®徐放錠
<適応>
双極性障害におけるうつ症状の改善

<特徴>
1日1回、食後2時間以上あけて就寝前に服用。

 

カルシトリオール
ロカルトロール®カプセル
<適応>
●骨粗鬆症
●下記疾患におけるビタミンD代謝異常に伴う諸症状(低カルシウム血症、しびれ、テタニー、知覚異常、筋力低下、骨痛、骨病変等)の改善
 〇慢性腎不全
 〇副甲状腺機能低下症
 〇クル病・骨軟化症

ロカルトロール®注
<適応>
維持透析下の二次性副甲状腺機能亢進症

 

 

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ