転職をお考えの薬剤師さんへ。
眼科

エイベリス点眼液と併用禁忌の目薬とは?

緑内障、高眼圧症の治療に使われる目薬の併用禁忌

2018年11月に、タフルプロスト点眼液(タプロス点眼液、配合薬のタプコム配合点眼液)とオミデネパグ イソプロピル点眼液(エイベリス点眼液)の併用が禁忌になりました。

その理由は、機序は不明ですが、「併用により中等度以上の羞明、虹彩炎等の眼炎症が高頻度に認められている」ためです。

タフルプロスト点眼液もエイベリス点眼液も、ともに緑内障、高眼圧症の治療に使われる目薬です。作用機序が違うため、理論上は併用可能と考えられますが、実際には副作用がみられるため併用してはいけません。

新薬情報

オミデネパグ イソプロピル点眼液(商品名エイベリス点眼液)

<適応・用法>
緑内障、高眼圧症に対し、1回1滴、1日1回点眼します。

<作用機序>
新規作用機序・世界初の選択的EP2受容体作用薬です。
EP2受容体刺激作用により、線維柱帯流出路とぶどう膜強膜流出路を介した房水流出が促進され、眼圧下降作用を示すと考えられています。

<特徴>
2018年11月に発売された新薬です。

エイベリス投与後4週の眼圧変化量(平均値±標準偏差)は-5.96±2.45mmHgで、ラタノプロスト点眼液0.005%に対する非劣性が検証されました。

「エイベリス単独」、「エイベリス+0.5%チモロール点眼液併用」のどちらの群も、52週にわり安定した眼圧で推移しました。また、チモロール併用による効果の増強も認められました。

他剤無効例の原発開放隅角緑内障および高眼圧症対する眼圧下降効果が認められています。

<重要な基本的注意>
「黄斑浮腫、及び虹彩炎があらわれることがあるため、視力低下等の異常が認められた場合は、直ちに受診するよう患者を指導すること。」

「一時的に霧視、羞明等があらわれることがあるため、その症状が回復するまで機械類の操作や自動車等の運転には従事させないよう注意すること。」となっています。

<主な副作用>
●結膜充血61例/267人(22.8%)

ラタノプロスト点眼液などのプロスタグランジン製剤で見られる、「色素沈着」や「まつ毛の異常伸長」に関する記載は見当たりませんでした。

参考:エイベリス添付文書、IF

 

緑内障とは?

緑内障は、
「視神経と視野に特徴的変化を有し、通常、眼圧を十分に下降させることにより視神経障害の改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患」
と定義されています。

症状としては、視野が徐々に欠け、治療せずに放置すると失明の危険性もある目の病気です。

日本では40歳以上の20人に1人が発症しており、身近な病気です。
また、視覚障害の原因の第1位となっています。

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ