m3.comで3000円ゲットする方法!
外用薬

ダイアップ/ナウゼリン/アルピニー坐剤の使い方、併用時の使う順番。

ダイアップ®坐剤の使い方

小児の熱性けいれん時によく処方されるダイアップ®坐剤解熱剤の坐剤(注:ここではカロナール®、アルピニー®、アンヒバ®坐剤を指すことにします)。

これらを連続して使用するときは、順番と投与間隔に注意が必要です。

結論からいきますと、適切な投与方法は
「ダイアップ®坐剤を挿入し30分以上たってから、解熱剤の坐剤を挿入する」
です。

大事な点は、ダイアップ®坐剤を挿入後、すぐに解熱剤の坐剤を挿入してはいけないことです。挿入間隔が短いとダイアップ®坐剤の効果が出にくくなることあります。

その理由は、「ダイアップ®坐剤の成分であるジアゼパム」と「解熱剤の坐剤の基剤」が脂溶性のためです。

油と油が混ざりやすいように、脂溶性のもの同士は混ざりやすい性質があります。

ダイアップ®坐剤を挿入しすぐに解熱剤の坐剤を挿入すると、ジアゼパムが解熱剤の坐剤の基剤に混ざってしまいます。その結果、腸管からのジアゼパムの吸収が遅延・低下し、十分な効果が出なくなる可能性があります。

ダイアップ®坐剤は有効血中濃度に達するのに15~30分かかるので、ダイアップ®坐剤の挿入後、30分以上たってから解熱剤の坐剤を挿入する必要があります。

 

ナウゼリン®坐剤の使い方

また、ナウゼリン®坐剤も同様に考えることができます。

ナウゼリン®坐剤の成分であるドンペリドも上記の解熱剤と同じく脂溶性です。
また、ナウゼリン®坐剤は効果が出るのに約1時間はかかります。

そのため、ナウゼリン®坐剤と解熱剤の坐剤を使用するときは、ナウゼリン®坐剤を先に挿入し、1時間以上たってから解熱剤の坐剤を使用するのが理想的です。

なお、飲み薬の解熱薬なら、ダイアップ®坐剤やナウゼリン®坐剤と同時に使用しても影響を与えないので、時間をあける必要はありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます

m3.comに登録で3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学