m3.comで3000円ゲットしよう!
抗アレルギー薬

アラミスト点鼻液がアレルギー性鼻炎の「眼症状」に有効? 目薬で効果が不十分なら点鼻液の変更も考えよう。

アレルギー性鼻炎治療薬であるアラミスト®点鼻液(フルチカゾンフランカルボン酸エステル)には思いがけない効果がある。

それは、アレルギー性鼻炎の「眼症状」にも有効というものだ。
点鼻なのに眼の症状にも有効…。不思議だが、実際に効果があるという。

Scadding GK et al ; Expert Opin Pharmacother 2008 ; 9(15).2707-15によると、
アラミスト®は季節性アレルゲン(イネ科、ブタクサ、スギ花粉)に感作された患者の鼻および眼の症状を有意に改善した、とある。
眼症状のメカニズムの1つとして、鼻-眼軸索反射が推定され、鼻腔内でのアレルギー反応を抑制することで眼症状が改善する可能性が考えられている。

また、鼻アレルギー診療ガイドライ2020では、「鼻噴霧ステロイド薬の特徴」として以下の記載がある。

鼻噴霧ステロイド薬の特徴

1)効果は強い
2)効果発現は約1~2日
3)副作用は少ない
4)鼻アレルギーの3症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)に等しく効果がある
5)眼症状にも効果がある  ←今まではこの記載がなかった!!

2020のガイドラインではアラミスト®ではなく「鼻噴霧ステロイド薬」として上記の記載があることがポイント。

花粉症で
抗アレルギー薬の目薬 + アラミスト®以外の点鼻薬
を使用していた場合、
点鼻薬をアラミスト®に変更するとよいかもしれない

 

アラミスト®、ナゾネックス®、エリザス®の違い

アレルギー性鼻炎に適応を持つステロイドの点鼻薬には、アラミスト®、ナゾネックス®、エリザス®などがある。ここではそれぞれを簡単に比較をしたいと思う。

アラミスト®点鼻液(フルチカゾンフランカルボン酸エステル)
●フルナーゼ®点鼻液の改良製剤。同等以上の有効性および安全性を有し、より長時間持続する1日1回投与が可能となった。
●小児:1日1回1噴霧。
●成人(15才以上):1日1回2噴霧。
眼の症状にも有効

ナゾネックス®点鼻液(モメタゾンフランカルボン酸エステル)
●12歳未満の小児:1日1回1噴霧。
●12歳以上の小児:1日1回2噴霧。

エリザス®カプセル外用/エリザス®点鼻粉末(デキサメタゾンシペシル酸エステル)
●小児適応なし。
●成人:
カプセル…1日1回1カプセルを1日1回専用噴霧器を用いて噴霧。
点鼻粉末…1日1回1噴霧。
「液」ではなく「粉」であることが特徴。アラミスト®やナゾネックス®と異なり、使用後に鼻から薬液が垂れることがない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

m3.comで3000円ゲット!

必見!転職で成功する方法

●突然ですが、当サイト維持のため、広告主・当サイトの支援者を募集しております
 少しでもためになると思っていただけましたら、どうぞご支援よろしくお願いいたします
●「お仕事の依頼」・「当サイトに記事を載せたい方」・「当サイトの記事を使いたい方」・「ご支援方法のご相談」はTwitterのDMにてお願いします。
●Twitterはこちらです【くすりカンパニー】。

<読むべき書籍>
●今日の治療薬2021 解説と便覧
●実践妊娠と薬第2版 10,000例の相談事例とその情報
●透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版
●腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
●抗菌薬の考え方、使い方Ver.4
●絶対わかる抗菌薬はじめの一歩 一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本を
●プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座
●ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブックVer.4
●呼吸器の薬の考え方、使い方ver.2
●誰も教えてくれなかった実践薬歴
●薬局で使える実践薬学