転職をお考えの薬剤師さんへ。

転職を考えている薬剤師さんへ。

転職について

まず最初に、転職は悪いことではありません。

このサイトの管理者自身も、紹介会社経由で転職をしたことがありますが、転職することで給与が増えキャリアアップもできました

転職をする理由は人それぞれですが、次の人は特にお薦めします。

●劣悪な環境で無理をしていて体と心がボロボロの人
無理をして仕事をしても良いことはありません。
うつ病になってしまう前に、本当に今の職場でいいのか親や知人に相談をしてみましょう。

●上昇志向が強くキャリアアップを目指す人
エリアマネージャー、幹部、役員になりたい人。
独立を考えているので支援して欲しい人。
後継者を探している薬局を教えてほしい人。
このような上昇志向が強い人も転職が向いています。

長い人生です。自分に合った薬局で仕事をしてみませんか?
まずは一歩、前に進みましょう。

薬剤師の転職をサポートしてくれる会社はいくつかありますが、次の3つが最大手です。

ランキング1位
2000年3月に設立し、業界の中でも老舗の紹介会社。なんと、あの日本調剤の関連企業です。

実は、私自身も2013年にファルマスタッフさん経由で転職をしたことがありますが、仕事のバリバリできるIさんにお世話になり、大変お世話になりました。当時のIさんは千葉・東京などを担当していましたが、今では出世したと風のうわさを聞いています。

 
推奨度
求人件数 約7万件と業界の中でもトップクラス!
特徴1 コーディネータの質は高く安心感あり
特徴2 派遣薬剤師の方の教育にも力を入れているので、正社員・パート・派遣と幅広く対応
特徴3 医療保険制度や調剤報酬の仕組み・詳細や、処方せんの読み方、調剤過誤防止のための注意点、服薬指導時のポイントなどが記載された「日本調剤監修の保険教材テキスト」がもらえる

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

ランキング2位

10万人以上の薬剤師が登録している医療サイトm3 。
そのm3グループが運営するのが、薬剤師の転職支援サイト「薬キャリ」です。
大きなグループなだけあって、その信頼度は高く、お薦めできるサイトです。

 
推奨度
求人件数 4万件以上!他2つと比べるとやや少ないが、信頼度は高い!
特徴1 コーディネータの評判もよく、きめ細かく対応してくれる
特徴2 正社員・パート・派遣すべてに対応
47都道府県すべてに対応

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

 

ランキング3位

マイナビエージェントが運営するマイナビ薬剤師。こちらも大きな会社で、一度は広告を見たことがあると思います。
最大の特徴はご利用者の満足度がとても高いこと。そのため評判も良く、ご利用する薬剤師数も多いです。

 
推奨度
求人件数 5万件以上!非公開求人もあり
特徴1 5年連続ご利用者満足度No.1
特徴2 対応も早く、マッチングがよいという高評価が多い

薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

 

世の中には紹介会社はたくさんありますが、登録するときは3社くらいがベストです。
1社では少なく、4社以上は多すぎます

基本、どこの紹介会社を利用しても大差はありませんが、ファルマスタッフ 「日本調剤監修の保険教材テキスト」くれるのでおすすめです
このテキストには、医療保険制度や調剤報酬の仕組み・詳細や、処方せんの読み方、調剤過誤防止のための注意点、服薬指導時のポイントなどが記載されていて勉強になります。当サイトの管理者もファルマスタッフ を利用してゲットしました。

転職紹介会社を使うべき3つのメリットとは?

1つ目は、個人ではまず得られない求人情報を持っていることです。
例えば、薬局の後継者を探している、年収800万以上、時給3000円などの薬局は大変魅力的だと思いませんか?

2つ目は、面と向かってやりにくい給料の交渉をしてくれることです。
それは、転職者の給料が高いほど、紹介会社が得ることのできる報酬額が大きくなるからです。

そして3つ目は、時間を節約できることです。個人で探そうとしても限界がありますし、時間もかかります。上手に紹介会社を利用しましょう。

 

転職するときに大切なこと

転職をするときに大切なのが、紹介会社の担当の人に自分が譲りたくない条件をしっかりと伝えることです。さすがに、提示する全ての条件が見合う職場はそうそうないと思いますが、自分の意思はちゃんと伝えましょう。

例)
●高年収、高時給
●家から近い、車通勤可能
●有給がとりやすい
●一人薬剤師を希望
●管理薬剤師を希望
●在宅をやりたい
●独立支援をしてくれる薬局
●社長と社員の距離が近く、話しやすい薬局
●幹部候補になりたい
●年一回は長期で休みが欲しい  など。

そして、自分のアピールポイントがあれば担当者に伝えておきましょう。
また、3~6か月以内には転職の意思があることを伝えておくと、積極的に転職先を見つけてくれるでしょう。

面接のときにやるべきこと

入社後に聞いていた話(条件)を違う!ということが実は結構多いのが現状です。
面接の時に、できる限り書面で約束してもらうのがよいでしょう。
自分でやるのはちょっと…というときは、事前に紹介会社の担当者に伝え、書面を用意してもらえないか相談しておくとよいでしょう。

食い違いが生じやすい話(条件)
●昇給率
●月の残業時間
●残業時間はいつから発生するのか、何分刻みなのか
●有給消化率
●有給が余った場合の会社の対応
●多店舗への移動の有無  
●交通費の計算  など

ワンポイントアドバイス

考え方は人によって異なりますが、個人的には仕事を辞め、一ヶ月たってから働くのはやめた方がよいと思います。それは、仕事をしてないと保険が切り替わり、ご自身で役所に行って手続きをする必要があるため、面倒です。
転職するときは、保険が切り替わらないよう、間隔をあけないようにしましょう。理想的なのは有給をまとめて使用し、リフレッシュしてからすぐ働くのがお薦めです。
もちろん、1~2か月ゆっくり休んでから転職したいとお考えの時は当てはまりませんよ。

 

最後に…

転職をするのは大変な決心だと思います。だからこそ、失敗しないためにもしっかりとした紹介会社を使う必要があります。 
1つだけ注意があります。紹介会社も営業成績のため多くの求人を紹介してきます。その中から自分に合うものを見つけるのは容易ではないかもしれません。自分の考えをしっかりと伝え、妥協することなく転職をしてください

 

ファルマスタッフ

日本調剤グループが転職支援をしてくれます!
 

薬キャリ

あの医療サイトm3が運営しています!

マイナビ薬剤師

5年連続ご利用者満足度NO1です!

シェア大歓迎!

皆様の応援・シェアが更新の励みになります。どうぞよろしくお願い致します!

必見!転職で成功する方法

今、買うべき医療書籍

全記事一覧表

トップページ